ニュース

地元桑名の海苔の話 その③

アサクサノリについて
 
地元桑名では

「あさくさのり」と呼ばれる

昔、主流だった海苔の品種の

復活に取り組んでおり

少しずつですが

生産をのばしています


「アサクサノリ」と書くと種名を指し、
「あさくさのり」と書くとブランド名になります。

 
ちなみに

アサクサノリの養殖は

試験生産も含めて

日本で数か所ありますが

「伊勢あさくさ海苔」を

ブランド化している三重県漁連は

厳しい基準を

自ら設けて生産しています(注1)

 
注1:
出典は三重県漁業協同組合連合会の
平成28年1月の伊勢あさくさ海苔資料より

 
アサクサノリは

現在主流の海苔の品種である

ナラワスサビノリに

比べると

病気に弱く

生産性が低いなど

デメリットが多いため

支持が得られず

過去のものとなっていました。

 
しかし

アサクサノリには

ナラワスサビノリにはない

独特のうまみがあり

これぞ海苔!

という感動があります。

 
2020年の1月にも

桑名の入札会で

アサクサノリの出品があり

一枚200円という高額入札で

新聞の記事にもなりました(注2)が、

養殖が非常にむつかしく

なかなか多くの出品は望めない状況です

残念ながら

そのときの出品数は

1万枚程度で

まさにまぼろし

と言った感じです

 
今後ますます生産が増えてほしいと
切に願う希望の星でもあります

→そんなアサクサノリが買える弊社ショップはこちら
https://isone.shop/items/5f0d780bdf62a93606a6d5f5
 

本日のまとめ

地元桑名では

幻のアサクサノリを作っていますヨ

そんなアサクサノリが

通販で買えるのはこちら!

https://isone.shop/items/5f0d780bdf62a93606a6d5f5

 
以上