ニュース

本日は海苔のオモテとウラについて

本日は海苔のオモテとウラについて
気にしない人99.99%!みたいなネタですが、よくみると海苔の裏側はデコボコしていて、表側はすべすべつるつるしています
このデコボコ具合は、刻み海苔のボリューム感だったり、味付海苔の味の乗り方(たれが良くつきやすい、つきにくい)などに関係しています

海苔は、板に抄く(すく)工程で、「すのこ」と言われる水切り板に海苔を広げます
この板は、ちょうど夏の日差し除けに使う「すだれ」のようなもので、ストローをつなぎ合わせたような形をしています
細かく刻んだ海苔を、この「すのこ」に流すと、すのこ側はストローのデコボコの跡が付きます
これが海苔の裏側になります

このでこぼこを業界の方は「うらあし」(裏足)と言います
*下の写真の右側が裏側

「うらあし」がデコボコだと、海苔同士のがさつきが大きくなるため、刻海苔にした場合、かさが増します
かさが大きいと、ボリューム感が出やすい=お得感マシマシ、みたいな話もありますが、一方で6、7センチ角程度の小袋に充填する場合、小袋からはみ出てしまうことがあって嫌われます

「うらあし」の出かたは、海苔質(葉質がやわらかい、かたい)に左右され、思ったようにコントロールするのは難しい問題です
加工する側としては、いろいろ悩ましい問題があります

本日のまとめ
海苔の裏側はデコボコしていて、うらあしと呼ばれているよ
おにぎりに海苔を巻くときは、海苔の表(つるっとした面)を表にするときれいに見えるよ