ニュース

美味しい海苔の見分け方

トマトであれば、鮮度と成熟度、では海苔は?

トマトの鮮度を見るにはヘタが濃い緑色をしていてしおれていないもの、実の部分にツヤとハリがあるものを選びます
成熟度を見るには実の丸く張った部分が締まって固いもの、ずっしりと重みがあり、真っ赤に色づいているものを選びます

海苔にも同じように、いくつかポイントがあります
ただ、黒くて四角く薄っぺらい海苔の場合、どれも同じように見えてわかりにくいのも確かです
ここで見分け方のポイントを知ってもらって、よりおいしい海苔を食べましょう

おいしい海苔のポイントその1
黒いこと
海苔が黒いのは当たり前、みたいな話で終わりそうですが、実は海苔の色は同じ黒でも赤みがあったり、黄色みが強かったり、いろいろあります
けれど、色の違いは、いくつかの海苔を並べてみて、はじめてわかるものであって、そういうことは海苔の専門業者や生産者、もしくはナゾのエスパーあたりではないとわからないと思います
あと、海苔は、焼いていない黒海苔、と言われる状態のほうがより黒いです
焼くと細胞中の色素が壊れて、熱に強いクロロフィル(葉緑素)が残った状態になり、焼海苔の黒さ
(濃い緑)になります
クロロフィルが少ない、栄養の少ない海苔は、焼くと浅い緑色になります

おいしい海苔のポイントその2
ツヤがあること
新緑の緑がみずみずしいように、元気のよい若芽の海苔は、抄いて板にしてもツヤがあります
キラキラしています
逆に、シーズン後半の海苔は、水温の上昇とともに少しずつ元気がなくなり、ツヤがなくマットで、ざらざらすることが多いです

おいしい海苔のポイントその3
風味がよいこと
乾物に風味?みたいな違和感があるのですが、実は乾物こそ風味のために鮮度や保存管理が大切です
そもそも海苔の良い香りってなんだっけ?みたいな話もあるのですが、よい海苔は、さわやかな磯の香(決して泥臭かったり、鼻につくような刺激的な香りではありません)が基本です
あと、焼海苔は、磯の香りに加えて、ふくよかな香ばしさがあることで、おいしさを強く感じます
ちなみによくない風味は、湿気ったにおいですが、これは炙り直し(コンロのバーナーになでるように海苔をかざす)である程度よくなります
本日のまとめ
おいしい海苔のポイントは、黒くてツヤツヤで風味がよいこと
おいしい海苔は海苔屋さんで買うのが一番ですよ